メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUS
リンク
Blog
検 索

●テキスト版
こらぁムッ
●メルマガ購読は
こちらから


2014年
t- 814
2014/02/14
 ◆ 大雪の光景から
t- 813
2014/02/07
 ◆ シリーズ「けさの海」(1月)
t- 812
2014/01/31
 ◆ いざオフグリッド(5)
t- 811
2014/01/24
 ◆ 雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ…改め
 ◆ 甘くて恐い実態
 ◆ いざオフグリッド(4)
t- 810
2014/01/17
 ◆ 原発おひかえなすって
 ◆ いざオフグリッド(3)
t- 809
2014/01/10
 ◆ 国のエネルギー基本計画に意見書提出
 ◆ お役立ち情報!
t- 808
2014/01/03
 ◆ 日本平和委員会「平和新聞」に大きな記事

2013年


t- 807
2013/12/2
7
 ◆


2012年


t- 719
2012/04/13
 ◆ 「おおむね」という行政用語
 ◆ 東電に地代の値上げを通告
t- 718
2012/04/06
 ◆ 行政が犯人に舐められている
t- 717
2012/03/30
 ◆ 国や県のお墨付きでござるぞ/すずき産地の環境保全型農業
t- 716
2012/03/23
 ◆ (続)震災復興のCDから
t- 715
2012/03/16
 ◆ 震災復興のCD
t- 714
2012/03/09
 ◆ 誇りや生きがいをカネで換算
t- 713
2012/03/02
 ◆ 今年もよろしく 税務署さま
t- 712
2012/02/24
 ◆ 「伺って、とりあえず調査したい」だと
 ◆ 「茨城県原子力安全対策委員会」の傍聴席から見えた光景
t- 711
2012/02/17
 ◆ 悔しさを共有、養鶏仲間と
t- 710
2012/02/10
 ◆ タヌキがみんなゾウ肌に(謎)
 ◆ 市が主催して脱原発の講演会〜小美玉
t- 709
2012/02/03
 ◆ 山に返品の山
 ◆ 地域紙の残念な視座
t- 708
2012/01/27
 ◆ 複眼で睨みたいマスコミ報道
t- 707
2012/01/20
 ◆ 有機農業をダメにした原子力発電所
t- 706
2012/01/13
 ◆ 国策「行き当たりばったり」の道連れ/文字どおりの「画竜点睛〜」
 ◆ 水戸駅頭でTPP/1月12日、水戸駅南口での宣伝にすずき産地も参加
t- 705
2012/01/06
 ◆ 3年がかりで試作してきた幻のコメ「龍の瞳」/辰年に間にあったけど

2011年
t- 704
2011/12/30
 ◆ 寒風と冷水と汗だく
 ◆ すべての戦争、貧困、差別をなくす
t- 703
2011/12/23
 ◆ 言われっぱなしの農水省/でも、同情の声なし
t- 702
2011/12/16
 ◆ 農水省のおおわて
t- 701
2011/12/09
 ◆ “絶対”ということはありえません!なんて原発に説教されちゃった
 ◆ 「どんな答を期待しているのですか」と開き直る東電の課長サン
t- 700
2011/12/02
 ◆ あきれ果てる開き直り。こんな会社に原子力をあずけていいのか。電気という公益事業にあたる資格があるか。そもそも存在していいのか。
 ◆ 「東海第二原発の再稼働に明確に反対の意思を表明してください」/県と市町村に要望 → その回答/茨城県・高萩市・北茨城市
t- 699
2011/11/25
 ◆ 渾身のうたごえ「ふるさとを汚したのは誰」
t- 698
2011/11/18
 ◆ 誰か損害を算定して!
    もしくは
   どんな言葉で励ましてくれますか
t- 697
2011/11/11
 ◆ TPP推進のためだったら、どんな無茶苦茶も言ってのけるのか?
t- 696
2011/11/04
 ◆ TPPの風雲急
t- 695
2011/10/28
 ◆ なんと四国で御用!?
 ◆ 加害企業のしらばっくれ
 ◆ 小悪党と巨悪と
t- 694
2011/10/21
 ◆ ネコババ東電 / 会津西街道で見たこと聞いたこと
t- 693
2011/10/14
 ◆ 言葉にしきれない悔しさ情けなさ / やい東電!どうやって賠償する?
t- 692
2011/10/07
 ◆ 気弱な百姓[すずき産地]の精一杯(^^;
t- 691
2011/09/30
 ◆ 放射能汚染と日々の食生活
t- 690
2011/09/23
 ◆ むかし陸軍、いま東電/なんだか似てね?/戦争と原発の構図、そして破綻
t-
2011/ /


紙面はUP済み。
INDEX後追い中


t- 665
2011/04/01
 ◆ 養鶏仲間たちの想定外
t- 664
2011/03/25
 ◆ 放射能が吹き飛ばしたものは・・・
 ◆ 救援物資とともに帰還したItoさん
t- 663
2011/03/19
 ◆ 放射線量の測定値速報
t- 661
2011/03/04
 ◆ たかがカンニング、その陰で
t- 660
2011/02/25
 ◆ 「食文化」とカネ(本音)
t- 658
2011/02/18
 ◆ 家畜保健所に、きつく説教(続)
t- 658
2011/02/11
 ◆ 家畜保健所に、きつく説教
 ◆ こらぁ元気か(^^;
t- 657
2011/02/04
 ◆ 「国技」とやらにふさわしいかも、八百長
t- 656
2011/01/28
 ◆ 雪の日、巨大なバームクーヘン
 ◆ おぉ、ヒヨコの健康!?
t- 655
2011/01/21
 ◆ ちょっと驚いたコラーゲンの話
 ◆ TPP参加で牛丼が100円に?
t- 654
2011/01/14
 ◆ 執拗な襲撃/トンビかタカか?
t-653
2011/01/08
 ◆ 「老」に込められた敬意/もしくは秋田の「おおらか」
 ◆ 水戸駅で宣伝・・・若い人が次々署名
t- 652
2011/01/01
 ◆ さかのぼる数十万年、そして希望

2010年
t-
2010/ /


紙面はUP済み。
INDEX後追い中



2009年
t-
2009/ /


紙面はUP済み。
INDEX後追い中


t-550
09/01/06
 ◆ 1月2日 早朝 磯原駅から上り列車で

2008年
t-549
08/12/19
 ◆ 無慈悲な世を無施肥で明るく
 ◆ 「レンゲの里」構想の提唱と実践
t-548
08/12/19
 ◆ 地鶏ミンチ [自慢]
 ◆ 農の文化 [自慢]
t-547
08/12/12
 ◆ がらがら らがらが
 ◆ 桃栗3年柿8年、レンコン開田
t-546
08/12/05
 ◆ カネでは代えられないもの、買えないもの
 ◆ 田んぼの害虫とイネの底力
t-545
08/11/28
 ◆ 「きめ細かい支援策」という大ざっぱ
 ◆ こざかしい設計 2
t-544
08/11/21
 ◆ 事件の犯人は、それで得する奴
 ◆ こざかしい設計 1
t-543
08/11/14
 ◆ 小さな記事の大きな矛盾
t-542
08/11/07
 ◆ 自己責任とこころざし/けなしたり褒めたり
 
●里のギャラリィ(30) 伝統を尊ぶ
t-541
08/10/31
 ◆ 「全国ナラ枯れ情報」から(2)
 
●里のギャラリィ(29) 野に芽ばえ野に生きる
t-540
08/10/24
 ◆ 「全国ナラ枯れ情報」から
 
●里のギャラリィ(28) 海風に守られながら
t-539
08/10/17
 ◆ 準備書面@参考人招致
 
●里のギャラリィ(27) 花ざかり
t-538
08/10/10
 ◆ 姉妹紙は週間で18年
 ◆ ギョーザと輸入米、殺虫剤「オルトラン」
 
●里のギャラリィ(26) 暑さと寒さの別れ花
t-537
08/10/03
 ◆ Good Hand Power(ごっ飯パワー)
 ◆ 軽トラをダンプカーに
t-536
08/09/26
 ◆ 大ウソつき
 ◆ 茶番の結末  
t-535
08/09/19
 ◆ 「猿芝居」のポスターを修正してみる
 ◆ 自公農政の重大責任
 
●里のギャラリィ(25) 初 秋
t-534
08/09/12
 ◆ 学術シンポで初めて知った川の流れのへぇ!?
 
●里のギャラリィ(24) 晩夏の味
t-533
08/09/05
 ◆ どさくさ幕引き/農水大臣のトンデモ系譜
 
●里のギャラリィ(23) 朝露と共に散る
t-532
08/08/29
 ◆ さっそく真似た「驚雀鉄砲」(仮称)
 ◆ 豊作・不作うらなうサルスベリの花  
●里のギャラリィ(22) 秋の気配
t-531
08/08/22
 ◆ 「我田引水」→「我田逐雀」の正直  
●里のギャラリィ(21) 暑さにマッチ
t-530
08/08/15
 ◆ 失踪者発見!/すずき産地の仕事が遅れている理由(の一つ)
t-529
08/08/08
 ◆ 「北茨城・九条の会」が“平和展”  
●里のギャラリィ(20) 笑 顔
t-528
08/08/01
 ◆ 小さくて大きな農家民宿/プチファーム&ファームイン“ゆい”
t-527
08/07/25
 ◆ ヒヨコすくすく/昨秋の失敗と今春、夏の慎重  
●里のギャラリィ(19) 大地に根を張って
t-526
08/07/18
 ◆ 日本一のアユと清流を守ろう/環境破壊と税金ムダづかいをやめろ   
●里のギャラリィ(18) 七月の大北川
t-525
08/07/11
 ◆ 危機の「専門学校」2題
 ◆ これがジュース?  
●里のギャラリィ(17) 心やすらぐ
t-524
08/07/05
 ◆ 農家を足蹴に政府の商売
 ◆ 「くたばりぞこない」の逆襲堂々
 ◆ ルビーのジュース  
●里のギャラリィ(16) 一日十センチ
t-523
08/06/27
 ◆ じつは国産米は不足?/それでも減反か!?  
●里のギャラリィ(15) 共にたすけ合い
t-522
08/06/20
 ◆ “いのちの米”自慢
 ◆ スナップ? それともスナック? えんどう  
●里のギャラリィ(14) 収 穫
t-521
08/06/13
 ◆ ホームページ10年
   
●里のギャラリィ(13) 旅立ち
t-520
08/06/06
 ◆ 毎年、コメを77万トンも輸入している国の農業政策  
●里のギャラリィ(12) もうすぐ夏
t-519
08/05/30
 ◆ 新規就農をめぐって/最近の話題から(後編)
 ◆ 野ガモ受難  
●里のギャラリィ(11) 路傍に生きる
t-518
08/05/23
 ◆ 新規就農をめぐって/最近の話題から(前編)
 ◆ アクト・ローカル/シンク・グローバル  
●里のギャラリィ(10) 松笠の誕生
t-517
08/05/16
 ◆ エンジン整備の「トホホ」
 ◆ アゼ塗り機駆使の「エヘン」  
●里のギャラリィ(9) 真 心
t-516
08/05/09
 ◆ 冬の陽と大気で米を作る  
●里のギャラリィ(8) 苗代の頃
t-515
08/05/02
 ◆ 「いまどきの義民の呟き」から  
●里のギャラリィ(7) 先ず根を張って
t-514
08/04/24
 ◆ いま牛乳は(後)  
●里のギャラリィ(6) 春うらら
t-513
08/04/17
 ◆ いま牛乳は(前)  
●里のギャラリィ(5) ピーチクパーチクまだ聞こえない
t-512
08/04/10
 ◆ いま野菜の流通過程で起きている事態
 ◆ 国内農業を支える「後期高齢者」  
●里のギャラリィ(4) 花 嵐
t-511
08/04/03
 ◆ いつでもカネを出せば買えるという思いこみ
 ◆ コオナゴ手いれ  
●里のギャラリィ(3) 春の装い
t-510
08/03/27
 ◆ 一枚の写真をめぐって交わされたメールから  
●里のギャラリィ(2) 三寒四温に育まれ
t-509
08/03/19
 ◆ せめて水なみの米価に  
●里のギャラリィ(1) 木陰と太陽と
t-508
08/03/12
 ◆ それでも食べる?輸入食品(後)アメリカ産
 ◆ 春の作付け
t-507
08/03/06
 ◆ それでも食べる?輸入食品(前)中国産
 ◆ タクシー代も「医療費控除」
t-506
08/02/29
 ◆ こんなポスターを作る税金こそもったいない
t-505
08/02/21
 ◆ どっちも食べものだけど、こんなにもの差 1000倍も緩めた農薬基準 チューブ入りのジャガイモ 生命をつなぐ、いただく
 ◆ 糸を張るだけのカラス対策
t-504
08/02/15
 ◆ ギョーザの陰の深刻な影
 ◆ 杞憂ならいいけど
t-503
08/02/08
 ◆ 輸入食品を食べてみんながキムタク
 ◆ ギョーザの陰に大きな影
t-502
08/02/01
 ◆ 食い物・・・それこそ命がけ生産の 減少と農家の危機 コメ生産調整合意書に調印
t-501
08/01/25
 ◆ 農業への「見下し」、期待される「懐」、そして現実
t-500
08/01/18
 ◆ おかげさまで500号
t-499
08/01/11
 ◆ 「努力賞」の親バカ
t-498
08/01/05
 ◆ 新春特別思いつき企画/スクリーンのない映画館/「故郷」
 ◆ 感謝しながら初日の出

2007年

t-497
07/12/28
 ◆ 「偽」の年の締めくくりに
 ◆ 「うふん」をめぐる点と線
t-496
07/12/20
 ◆ 温暖化防止の取り組みをじゃましている国
 ◆ 「うふん」をめぐる点と線(2)
 ◆ 今年も玄米モチや豆モチ
 
t-495
07/12/13
 ◆ Actローカル、Thinkヒョウデン
 ◆ 風車の見える丘
t-494
07/12/06
 ◆ 寒風が菜っ葉を甘く柔らかくする
 ◆ 1粒いくらで売りたいほどのアズキ
 ◆ 「うふん」をめぐる点と線
(1)
t-493
07/11/29
 ◆ 新聞の投書欄で無農薬談義
t-492
07/11/22
 ◆ 青虫が750匹も多かったという計算/政治家のふところ温暖化の影響
 ◆ 「県北共同運動連絡会」が自治体を訪ねる
t-491
07/11/15
 ◆ 日立で産直交流会/ガン克服の講演も
 ◆ 網を食い破ってキツネ?襲来
t-490
07/11/08
 ◆ ズイキの右往左往/アク抜きがポイントかな
 ◆ 「デタラメ農政」と「農業崩壊の法律」を密室ですりあわせる
t-489
07/11/01
 ◆ 無農薬のイネつくり/往復メール(2)
t-488
07/10/25
 ◆ 純国産の「さくら玉子」の話(後編)
t-487
07/10/18
 ◆ 純国産の「さくら玉子」の話(前編)
t-485
07/10/11
 ◆ いも・芋・薯
 ◆ 自給自足
 
t-485
07/10/04
 ◆ 無農薬のイネつくり/往復メール(1)
t-484
07/09/27
 ◆ 香母酢とsudachi
 ◆ 読めますよね
 
t-483
07/09/20
 ◆ 照っても降っても百姓泣かせ
 ◆ さっそく夜わり仕事/新米の販売を開始しました
 
t-482
07/09/13
 ◆ 総理大臣の自爆テロで、北海道の開拓農家を思い出す
t-481
07/09/06
 ◆ コメ生産費は法律違反(って、なんのこっちゃ?)しかも、それでも多くの農家は赤字!
 ◆ 失われる中国の穀倉地帯土壌
 ◆ 嵐の前
t-480
07/08/30
 ◆ どっちも英語では「sweet pepper」
 ◆ 猛暑による食欲減退と産卵低下、秋への影響
 ◆ 規模で選別する農政の見直しと多様な担い手 の育成を求め、農民連が市町村に陳情書提出
t-479
07/08/23
 ◆ ガンは、怖くない。治し方、教えます。
t-478
07/08/
16
 ◆ 広い原野の中の小さな学校
t-477
07/08/09
 ◆ 末期ガンを告知された友人のこと
 ◆ 地鶏肉のミンチ冷凍・真空パック

 ◆ 北の国から
844
07/08/02
 ◆ 奇跡のトウミギ、もしくは「自然」への愚痴
 ◆ 夕凪の街 桜の国
843
07/07/26
 ◆ 共同して県に要求、そして交渉・懇談  
842
07/07/19
 ◆ 田んぼにカのご加護(続)
 ◆ 泥臭い←シャラくせぇ
 
841
07/07/12
 ◆ 自民党のビラから
 ◆ 民主党のビラから
 
840
07/07/05
 ◆ 神様も仏様も信じない田んぼにカミのご加護
 ◆ ふぞろいのキュウリたち
839
07/06/28
 ◆ いざ今年も、憲法九条の田んぼ
 ◆ 力およばずごめんなさい 玉子のお届け中断

836
07/06/07
 ◆ 緊急欠品のお詫び
 ◆ 朝ご飯を食べて成績アップ
t-467
07/06/01
 ◆ なんと米国、ブッシュの発言です→
 ◆ いザ田植えin百里平和農園

t-460
07/04/13
 ◆ 豆腐と納豆を肴に酒を飲んで憲法を考える
 ◆ 謎のジェット機
 ◆ レンゲの花が咲き始めました
t-459
07/04/05
 ◆ 戦争を美しいと言わせる国へ
 ◆ 農水大臣の疑惑を裏読みするすと
t-458
07/03/29
 ◆ かたや農薬13種類、こなたお湯だけ
t-457
07/03/23
 ◆ ヤマイモ
 ◆ ヒヨころりん
t-456
07/03/16
 ◆ 子どものいじめとヒヨコの尻つつき(後)
 ◆ 今年も集団申告
t-455
07/03/09
 ◆ 子どものいじめとヒヨコの尻つつき(前)
 ◆ 夜半に初雪
t-454
07/03/02
 ◆ オーストラリアのコメ生産/前年より90%減
 ◆ 税務署の正直?なスローガン
t-453
07/02/23
 ◆ ダイコン
 ◆ 核実験の傷跡
t-452
07/02/16
 ◆ ハクサイのロゼット/バサ菜/冬を耐え抜くたくましい姿
t-451
07/02/09
 ◆ 地元の港に魚が上がらない
 ◆ あきらめない「脱ダム」
t-450
07/02/01
 ◆ 家畜保健所とお説教と質問と
t-449
07/01/25
 ◆ ネギ
t-448
07/01/19
 ◆ 農民連が第17回全国大会
 ◆ 強風被害を福となす/開き直りを楽しむ
 ●ニンニクの油炒め
t-447
07/01/12
 ◆ これからしばらく光らないけどヨード卵
  ◆冬の荒らしで大被害/立木が折れ、ハウス倒壊
t-446
07/01/05
 ◆ 健康な卵の新年会に「有名人」

2006年

t-439
06/11/17
 ◆ 松坂投手と戦争と農業の担い手と
 ◆ きゃべつコロッケ再現
t-432
06/09/28
 ◆ アイガモ肉(真空パック)販売します
 ◆ 展望9条
t-431
06/09/21
 ◆ 自然卵養鶏をやめるという友人に翻意を促す
t-430
06/09/14
 ◆ 今週、第800回の配送
t-429
06/09/07
 ◆ 憲法九条の田んぼ(定点報告)
t-428
06/08/31
 ◆ 「朝日新聞」の記者センセはアメリカ産牛肉の食べ過ぎ?
t-427
06/08/25
 ◆ 3挑戦者求む!「野菜コロッケ」十勝風もしくは六花亭風
 ◆ 北海道に行くなら
 ◆ まるで他人事!?
t-426
06/08/18
 ◆ 町のやる気を拝見/北海道せたな町
 ◆ ヒマつぶし?…じつは再創造
t-425
06/08/11
 ◆ 旅立ちの前に/みずから問う覚悟のほど
t-424
06/08/04
 ◆ 3回と2回と1回と0回と/ボランティアなんて言葉がはやる前、はるか昔からの百姓仕事
 ◆ 早稲の穂が出始まりました
t-423
06/07/28
 ◆ 県庁という楼閣で驚きと怒りと同情とイキがりと
 ◆ 本当に大丈夫!?/ブレーキを交換
t-422
06/07/21
 ◆ こんどは 宇宙 雨中実習!?  Mくん再び
 ◆ イモ野小町と多弁な言い訳  古典古典
t-421
06/07/14
 ◆ 雨つづきでジャガイモの傷み
 ◆ 卵 ← 採卵鶏 ← 種鶏 ← 原種鶏 ← 原々種鶏
t-420
06/07/07
 ◆ 憲法九条の田んぼとテポドン
t-419
06/06/30
 ◆ こんなのを作った人は恥ずかしくないのかなぁ 伏せ字だらけの報告書
t-418
06/06/23
 ◆ ポチ小泉からブッシュ親分へ貢ぎ物は国民の食の安全
 ◆ 小学校に教えにいったつもりが…「少子化対策」について気づかせてもらった
t-417
06/06/15
 ◆ 「勝ち組」たちの黄色いアンヨ
 ◆ 「負け組」の明るい笑顔
t-416
06/06/08
 ◆自家採取の有機肥料にこだわる
 ◆「田植えで憲法」の設計図公開
t-415
06/06/01
 ◆お上の決めたことを点検する 固定資産税の評価替えで損しないために
t-414
06/05/25
 ◆子どもたちに長い前置き 田んぼと米を教える
y-784(t-413)
06/05/18
 ◆たけのこのこと
y-783 06/05/11  ◆押レンゲ田で遊ぶ〜ひたちなか市から保育園の子どもたち
 ◆遺男性も参加できます。常陸大宮市母親大会


t-406
06/03/23
 ◆押しかけ実習生を歓迎する
 ◆遺伝子組換えナタネの侵入 調査活動に協力を!(予告)
  ● 写真展開幕
t-405
06/03/16
 ◆たまたま卵の知ったかぶり
t-404
06/03/09
 ◆県生で接する官僚用語に超カンゲキ
  ● 31日で孵化
t-403
06/03/02
 ◆「税金の集団申告と税務署への申し入れ
t-402
06/02/23
 ◆「県北共同運動」が高萩・北茨城を訪ねる
  ● 折り紙のおひなさま
t-401
06/02/16
 ◆グリーンツーリズムとふるさと回帰
t-400
06/02/09
 ◆不健康飲料への警鐘
 ◆花畑大作戦
t-399
06/02/02
 ◆社会参加と自立めざして
t-398 
06/01/26
 ◆肉を切らせて骨を守る?
 ◆寒の畑から
t-397 
06/01/19
 ◆ホリエモンと白菜は関係ないけど…
 ◆学校給食が少子化に貢献?
t-396 
06/01/12
 ◆おっちゃん・おばちゃんのグローバル
t-395 
06/01/01
 ◆仕事に誇り、こだわり

2005年
 

t-394
05/12/22

◆「きっこのブログ」の紹介は余談でBSEが本題
◆米国産の牛肉は使用しない〜茨城県の学校給食

t-393
05/12/15
◆香港のマスコミも注目するトモちゃんと農民連の奮闘
◆健康食ヤーコンを簡単に食べる
t-392
05/12/08

◆「ねがい」プロジェクト−NHKテレビ放映予定−広島の中学生から世界に

t-391
05/12/01
◆WTO閣僚会議に物申す!
◆あったかいメモと誇らしい暮らし
t-390
05/11/24

◆うれしい話をありがとう。T先生へ

t-389
05/11/17
◆野良で育つガキどものお言葉
t-388
05/11/10
◆思い起こしたい「おあがんなんしょ」
◆しょうがのこんな利用法(完結編)
t-387
05/11/04
◆「地産地消」請願めぐって議会の志の高い低い
◆しょうがのこんな利用法

t-380
05/09/15
◆映画「ルーツ」のモデル国から研修生を迎える
◆庶民への増税はっきり
t-379
05/09/08
t-378
05/09/01
◆相手は知能指数の低いおばさん
◆選挙権をもった女性の責任
t-377
05/08/26


t-372
05/07/14
◆遺伝子組み換え食品を口にしたくなければ、
そうとうな覚悟と努力がいるという日本の現実
t-371
05/07/07
◆高病原性鳥インフルエンザの「H5N2亜」型について
t-370
05/06/30
◆農業新人を歓迎する
◆銀行なる鬼

t-369
05/06/23

 

◆まるごとレタスのお勉強
◆農業を守る。たとえば用水路

t-368
05/06/16
◆腰と手の農家の勲章

t-367
05/06/09

◆雷は神なり
◆農業を守る。たとえば用水路


t-352
05/02/17
◆カラっぽの畑と「京都議定書」
◆子どもの使い?

t-351
05/02/10

◆巨星、逝く


2004年

t-340
04/11/25
◆中越支援の現場から
t-339
04/11/18

◆県庁の食堂の県内産自給率は?
◆新潟中越地震救援〜茨城農民連第2弾

t-338
04/11/11

◆情報化社会で何を食う 連載2

t-337
04/11/04

◆情報化社会で何を食う
◆国営干拓農地を視察

t-336
04/10/28
◆新潟中越地震への救援物資を大至急!
t-335
04/10/21

◆折り込み都々逸「田の神」
◆台風一禍

t-334
04/10/14
◆いくつもの疑問符(もしくはどいつもこいつも)
◆日立民商主催「商工まつり」
t-333
04/10/07

◆米の値段と景気をめぐって
◆(続報)2つの請願

t-332
04/09/30
◆愛媛ミカンのSOS
◆蚊とマムシとイラクと日本と(後)
t-331
04/09/24

◆愛媛ミカンのSOS
◆蚊とマムシとイラクと日本と(後)

t-330
04/09/16
◆新米を食べました。
◆蚊とマムシとイラクと日本と(前)

t-329
04/09/09

◆豊作を喜べない秋なのか・・・

t-328
04/09/02
◆牛飼いをやめる思い
◆農民連が市町村議会に2つの請願(前)
t-327
04/08/26

◆ムダな農林事業の現場から

t-326
04/08/19
◆59年目の8月15日に
t-325
2004/08/12

◆農水省は脳衰省か!?

t-324
04/08/06
◆ひとめぼれ穂ぞろい
◆ライス・イズ・ライフ
t-323
2004/07/30

◆北海道のソバ畑とカラ松林で

t-322
04/07/22
◆わが大地のうた〜小さな村から
t-321
2004/07/15

◆すずき産地の手作りコンサート

t-320
04/07/08
◆三菱自動車エンジニアの苦悩
◆平潟港の朝市で足湯温泉
t-319
2004/07/01

◆親の横暴と冷や汗
◆コンサートに足を運んでね

t-318
04/06/24
◆伝説を知る女将の仮病
◆きみ子ばあちゃんのミズナ採り
t-317
2004/06/17

◆きみ子ばあちゃんのタケノコ掘り
◆飢餓人口8億の世界で、食料の6割を輸入している国で

t-316
04/06/10
◆ワラビの漬け物
◆田んぼ皆楽園
t-315
2004/06/03

◆現場で読む「産地づくりビジョン」

t-314
04/05/27
◆きみ子ばあちゃんのミョウガ取り
◆すずき産地の米完売
t-313
2004/05/20

◆きみ子ばあちゃんのウルイっ葉
◆2つの有機肥料

t-312
04/05/13
◆守れ!ちん電
◆いざ、田植え
t-311
2004/05/07

◆「わが街」が一番、そのために

t-310
04/04/30
◆百姓フォークの旗手とえん罪犯〜テレビに登場
◆えん罪「布川事件・無期懲役」の夫とともに
t-309
2004/04/22

◆イラクの少女からアイラブユー
◆アイガモ到着

t-308
04/04/15
◆食料主権に関するシンポジウム
◆写真展「北茨城の自然は今・・・」
t-307
2004/04/08

◆貼るを食べるヨモギ団子
◆音読の効能(後)

t-306
04/04/01
◆卵の白身の白濁は?
◆音読の効能(前)
t-305
2004/03/25

◆ユニクロの撤退
◆続・李下に冠

t-304
04/03/18
◆DAYSJPANを読む
◆写真展「ほっガイド」開幕
t-303
2004/03/11

◆税金の計算をしながら思うこと
◆友人から届いた応援歌

t-302
04/03/04
◆鳥インフルエンザの猛威と行政の対応
◆キクイモとヤーコンの健康サラダ
t-301
2004/02/26

◆李下に冠を正した市長さん
◆食べたことある?キクイモ

t-300
04/02/19
◆きょうからあなたもエゴマ博士
春一番で
t-299
2004/02/12

◆「牛丼」騒ぎの不思議
◆「風の舞」

t-298
04/02/05
◆ある若者の短気と堂々
◆野菜ピンチ
t-297
2004/01/29

◆甘酒酵母で手づくりパン

t-296
04/01/22
◆続・ケッコー
◆続・憲法9条(遠州弁、上総弁)
t-295
2004/01/15

◆もうケッコウ
◆憲法9条(北茨バージョン)

t-294
04/01/08
◆2004年。百姓の初夢
t-293
2004/01/01

◆御年賀(五色の古代米)


2003年
t-292
2003/12/25

◆たまごの殻で美肌パック
◆モスラの幼虫?

 

 

t-291
03/12/18
◆「稲の刈り株を200〜300本送ってもらえますか」
t-290
2003/12/12

◆百姓は戦争(イラク派兵)に反対する

t-289
03/12/04
◆イラク派兵とワラぶき屋根の家
t-288
2003/11/27

◆自然と農業と食べ物を考える2つの大根
◆収穫祭

t-287
03/11/20
◆読めますか「郁子」「野木瓜」
t-286
2003/11/13

◆すずき産地の掲示板から
◆汚れた弾丸

t-号外
03/11/10
◆結果と経過と、…顔を上げて
t-285
2003/11/06

◆コソ泥と憲法違反の総理大臣と
◆税金の無駄づかい

t-284
03/10/31
◆マニフェスト
◆堂々たる26歳
t-283
2003/10/23

◆みんなへの応援歌
◆アイガモ肉の予約受付

t-282
03/10/17

◆全市町村をまわって懇談(続)
◆青菜がいっぱい来たとき

t-281
2003/10/09

◆全市町村をまわって懇談

t-280
03/10/02
◆トマトをめぐっての往復書簡
t-279
2003/09/25

◆農業委員会の悪だくみ?
◆にっくきスズメの群れ

t-278
03/09/19
◆田んぼでウォークライ
◆コメ一大事
t-277
2002/09/12

◆10年ぶりの凶作を楽観する不幸

t-276
03/09/05
◆新米お届けまで、あと10日
◆五色の田で赤米が出穂
t-275
2003/08/29

◆三人三様展

t-274
03/08/22
◆アイガモたちの道交法違反
t-273
2003/08/15

◆待ち遠しい新米
◆米の価格が高騰

t-272
03/08/07
◆汗と自然が育んだ力強さと感性
t-271
2003/07/31

◆広い広い北の畑

t-270
03/07/17
◆呼ぶのに照れちゃう新野菜
◆学校給食のパンに残留農薬
t-269
2003/07/10

◆保健師さんの小言大事
◆さわやかな風と空間

t-268
03/07/03
◆菜の花が咲いたよ
◆自然農法を始めました
t-267
2003/06/26

◆晴耕雨話
◆晴耕雨食

t-266
03/06/19
◆無農薬の田んぼから生まれた新しい漢字
◆ゴキブリも自然食派?
t-265
2003/06/12

◆インターネットで画像を探す
◆1945年6月10日朝

t-264
03/06/05
◆ナガイモの食べ方あれこれ
◆フキ、ついでにミブナ
t-263
2003/05/29

◆忠犬ジュン公の面目躍如か!?
◆初夏から秋までつづく大仕事

t-262
03/05/22
◆花起こし
◆泥払いは文化の香りで
t-261
2003/05/15

◆戦争法に断固反対です。
◆レンゲの花で染める

t-260
03/05/08
◆花盗人
◆水張り減反
◆いわさきちひろ展
t-259
2003/05/02

◆今年もレンゲが咲きました。

t-258
2003/04/25
◆ワインカラーの川に驚かない!?
◆いったい何が埋まっているのか?
◆自然のパッチワーク
t-257
2003/04/18

◆100羽のアイガモとねらうキツネと
◆自然農法をめざす
◆バグダッドの今

t-256
2003/04/11
◆8月中の新米めざして
◆農協からドッサリ農薬のチラシ
◆直視する義務
t-255
2003/04/04

◆ありがとう

t-254
2003/03/27
◆わが大地のうた
◆コンサートにおいで
t-253
2003/03/20

◆私たちの税金で、またイラクの人を殺すのか
◆チャンス広がるじゃん

t-252
2003/03/14
◆チャンスあるじゃん
◆割り箸よ、お前もかぁ
t-251
2003/03/06

◆ピースチョイス
◆イラクからの報告から

t-250
2003/02/27
◆きゅうり生産者からの伝言
◆小さくても輝く自治体フォーラム
◆イラクからの報告者
t-249
2003/02/20

◆地醤油への圧力
◆写真展開幕
◆戦争反対! 日本で世界でアメリカで

t-248
2003/02/13
◆「米づくりの本来あるべき姿」の空っぽ
◆茨城県の恥の墨塗り
t-247
2003/02/06
◆消費税でも儲けるトヨタと農家の税金と
t-246
2003/01/30
◆様変わりした干しイモ事情と…
◆イラク戦争反対ピースウォーク
t-245
2003/01/23
◆今年の減反は43% ◆ネギを食べる
◆「100人の村」の勇気
t-244
2003/01/16
◆「大地の恵み 自慢市」
◆ごぢゃっぺ政治とふじみ湖裁判

t-243
2003/01/09
◆年末年始の話題から
◆いただいた年賀状の無断転載

2002年
t-242
2002/12/26
◆豆腐屋だったおばさんからの応援歌
t-241
2002/12/19
◆効率や便利さだけを追求する構造改革でなく…
◆舞踏「二ツ島」第10踏
t-240
2002/12/12

◆「改革」でどうなる?コメ、農協、農地
◆アイガモの燻製を作ってみました。

t-239
2002/12/05
◆「ごじゃっぺ政治」で湧水湖が消える
◆主食を守れ!
t-238
2002/11/28
◆「赤紙」と若い感性
t-237
2002/11/21
◆「食」が身近にある暮らし〜中国・南昌から
◆日本の秋も…
t-236
2002/11/14
◆これであなたもヤーコン博士
t-235
2002/11/07
◆面白く働くということ
◆初氷
t-234
2002/10/31
◆これでもなりたい?田んぼのオーナー
t-233
2002/10/24
◆体験者のマスコミへの疑問符
◆農民連が東京に「産直ひろば」を常設
t-232
2002/10/17
◆田んぼ定点撮影
◆アイガモ肉を販売します
t-231
2002/10/10
◆しみじみと嬉しい秋
◆大北川にあじさいロード
t-230
2002/10/03
◆身近な声で伝える台風21号
t-229
2002/09/26
◆電気メロンを深める
◆稲刈り開始
t-228
2002/09/19
◆茨城の農産物と無登録農薬と
◆生きてる化石に除草を頼む
t-227
2002/09/12
◆自然を無視した健康番組
◆冷や汗がにじむ田(^^;
t-226
2002/09/05

◆暑い田んぼと涼しい農政
◆住基ネット運用のおそまつ

t-225
2002/08/29
◆「無洗米」の誇大広告
t-224
2002/08/22
◆農民連食品分析センター
◆放火犯と火事場泥棒
t-223
2002/08/15
◆私家版・非観光・北海道ガイド
t-222
2002/08/08
◆BSE問題と志と誇りと
◆身代わり出頭 ◆で、コンビニは
t-221
2002/08/01
◆北の彷徨から
◆さわやかな若い風
これより上(新しいNo.)は「たまご新聞」を転載。(号数が変わります) 
No.594
2002/07/18

◆楽しさを超えた苦労を超えた楽しさの発見

No.593
2002/07/11

◆台風一過のアルバムから

No.592
2002/07/04

◆カネでない価値を体感する
◆カネの価値を考える

No.591
2002/06/27

◆交通事故に遭ってかいまみた「お役所」
◆虹の田んぼ

No.590
2002/06/20

◆大量の微量とドサクサ紛れと

No.589
2002/06/13

◆偽装問題。浅薄な取材なら非協力

No.587
2002/06/06

◆らっきょう食べてラッキーよ
◆妙な世の中に…

No.586
2002/05/30

◆対決、花らっきょう
◆昔に戻すな

No.586
2002/05/23

◆後のまつりなんてことは言わないよ

No.585
2002/05/16

◆麦の穂、ほぉ、ホッ

No.584
2002/05/09

◆米の供出を強制されてからでは…
◆隠れ大工?

No.583
2002/05/02

◆1億2千万人総やみなべ

No.582
2002/04/25

◆お世辞でもうれしい感想ぞくぞく
◆戦後から戦前になる有事法

No.581
2002/04/18

◆工学部の学生さんに有機農業を語る
◆BSE発生農家からの手紙(転載)

No.580
2002/04/11

◆春の三題噺

No.579
2002/04/04

◆ネットわくわく
◆あきらめないで、ここで

No.578
2002/03/28

◆いとこのボヤキと残留農薬

No.577
2002/03/20

◆茨城玉川農協の黒豚「偽装」をさせたもの

No.576
2002/03/14

◆「産地間漂流」でなく、力を合わせて

No.575
2002/03/07

◆虫食いのエダマメ(続報)
◆消毒臭のあるサーモン

No.574
2002/02/28

◆税金の正しい申告(これも主人公として)
◆潜水艦のソナーとクジラの受難

No.573
2002/02/21

◆ぴよぴよこつこつ誕生の音
◆手作りマンジュウ

No.572
2002/02/14

◆学校給食から見えてくる じつは見えないこと
◆自主計算で、損をしない税金申告

No.571
2002/02/07

◆ねつ造記事に抗議

No.570
2002/01/31

◆BSE被害で国に請求書
◆100人の村

No.569
2002/01/24

◆農民連第14回大会から
◆翔べない豚さん

No.568
2002/01/17

◆鳥小屋さまざま

No.567
2002/01/10

◆百姓溢喜


2001年
No.566
2001/12/28

◆犯人の開き直り
◆来年もよろしく

No.565
2001/12/20

◆日刊「NOCUSる」より

No.564
2001/12/13

◆こんなこと今ごろ(朝日新聞)
◆こんなこと今でも(農協)

No.563
2001/12/06

◆舞踏
◆百姓フォークCD第二弾

No.562
2001/11/29

◆古老に教わる厄除け
◆地名の大ざっぱ
◆アンデスの果実

No.561
2001/11/22

◆小さな町の意気高い決意
◆モケウニ沼〜北海道猿払村

No.560
2001/11/15

◆生産をあきらめない
◆秋なのにレンゲ
◆思考停止の今昔

No.559
2001/11/08

◆「赤旗まつり」とゴミの分別
◆特攻隊秘話
◆地元も認めた北海道情報

No.558
2001/11/01

◆泥棒じいさん、いずら、こじはん?
◆コンバイン復活!
◆竜神峡

No.557
2001/10/25

◆稲刈りは修行!?
◆飼料の自給を考える(2)

No.556
2001/10/18

◆セブンイレブンいい気なもん
◆飼料の自給を考える(1)

No.555
2001/10/11

◆映画「日本の黒い夏」
◆大宮町西塩子の回り舞台

No.554
2001/10/04

◆高速の下 田んぼ 春〜秋

No.553
2001/09/27

◆証拠もなしに…
◆情報と狂牛病と

No.552
2001/09/20

◆茨城県のムダづかいとアメリカの戦争
◆雨情の故郷から

No.551
2001/09/13

◆パールハーバー再びもしくは原発の無事
◆アメリカの驚愕
◆台風15号

No.550
2001/09/06
◆申し訳ないけど非売品
◆願いさまざま
No.549
2001/08/30

◆かえよう茨城

No.548
2001/08/23
◆おいおい知事さん
No.547
2001/08/09

◆北の大地から時差ボケ報告

No.546
2001/08/02
No.545
2001/07/26

◆はや出穂
◆見直し11回の無内容
◆冷やして美味かぼちゃスープ

No.544
2001/07/19
◆なぜ雷が稲妻なの?
◆「情報公開制度」を試す(4)
◆レンジコーン
No.543
2001/07/12

◆「情報公開制度」を試す(3)
◆七夕と里芋と
◆虚報

No.542
2001/07/05
◆情報公開制度を試す(2)
◆完全無農薬2ha!
◆田んぼつぶしに全力
No.541
2001/06/28

◆「情報公開制度」を試す(1)
◆緊迫感?

No.540
2001/06/21
◆堂々と主権の発動を
◆アイガモ出動まだ1割
No.539
2001/06/14

◆遺伝子操作で致死ウイルス
◆産直運動全国大会
◆スズメの食べ残し

No.538
2001/06/07
◆かつて炭砿があった
◆黄色いハンカチ
◆あゆ解禁
No.537
2001/05/31

◆深緑のダム湖
◆地球温暖化をふまえた田植え時期
◆すずき産地が国会に

No.536
2001/05/24
◆ハス田出現
◆学校給食ウォッチング(3)
◆おばちゃんご認証
No.535
2001/05/17

◆アイガモのヒナがかえったよ
◆学校給食ウォッチング(2)
◆花おさまり


No.524
2001/02/15
◆勇気ある迷言とカラオケ(後)
No.523
2001/02/08
◆遠くに春の足音
◆勇気ある迷言とカラオケ(前)
No.522
2001/02/01
◆けんちん汁の16年目
No.521
2001/01/25
◆税制の決まり方
No.520
2001/01/18
◆中学校での討論に参加 …できるかなぁ
◆えっへん
No.5xx
2001/01/05
◆謹賀新世紀

2000年
No.518
2000/12/27
◆ひなげしの種(再録)〜21世紀へ
No.517
2000/12/21
◆41%もの減反割当
◆祝開店
No.516
2000/12/14
◆んまがっぺ 茨城の郷土食
◆年末のセット野菜
No.515
2000/12/07
◆すず木さんに聞いたよ
◆アイガモを販売します
No.514
2000/11/30
◆18歳の決意
◆ こんな写真をご存知ですか?
◆久々の活気
No.513
2000/
 
No.494
2000/07/13
◆暑中見舞いに代えて「丘の町」
◆台風3号による珍被害
◆脱走さわぎ毎日
No.493
2000/07/06
◆北の国〜ある農家の日記〜から
No.492
2000/06/01
◆選挙結果を受けて税のムダは? 農業は?
◆小山ダム
◆無農薬の決め手
No.491
2000/06/22
◆末端農政および農協の農家ばなれの実態
◆自然保護?で寝た子を起こす
◆八百屋さんから、こんなご意見
No.490
2000/06/15
◆腰抜け・冷酷な政府を変えるチャンス
◆助っ人は何者か?
◆キャベツの冷凍保存法
No.489
2000/06/08
◆たしなめられちゃいました(part2)
◆皮ごとおいしい新じゃがいも
No.488
2000/06/01
◆たしなめられちゃいました。
◆もうもうたる
No.487
2000/05/25
◆レンゲ田を眺める農政の視点〜その転換を求める!
◆ジャンボニンニク/芽の油炒め
No.486
2000/05/18
◆花ざかり
◆切り干し大根のザーサイ和え
No.485
2000/05/11
緊急流用版
No.484
2000/04/27
◆あっぱれな駄鶏
◆小女子〜旬の終わりに
◆葉ネギの酢味噌風油炒め
No.483
2000/04/20
◆花粉症に悩む方に朗報!
◆山里にも春
◆しいたけチーズ焼き
No.482
2000/04/13
◆東海再処理工場運転再開中止を求める
◆電子レンジ湯豆腐
No.481
2000/04/06
◆産直の生産者と消費者で話し合い
◆だいこんサラダ
◆春びな
No.480
2000/03/30
◆111/146、39%
◆JCOに要求する
◆アイガモの孵化試験
No.479
2000/03/23
◆大根おろしまで輸入!?
◆横浜港ウォッチング
◆いまが旬/小女子
◆小さな高層湿原

 

もっと前


 


すずき産地
31@s.email.ne.jp
茨城県北茨城市