北海道 メニュー 落書き板 たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる リンク 検 索

 
アクセロット
あたるか豪華粗品
No.1218
日立市役所前で

5期目へ

2002/07/01
 前 号  メニュー  次 号 

   
 
農業委員会は「農民の議会」ともいわれます。
教育委員や民生委員など、地方自治体に置かれている
行政委員のなかで唯一、任命でなく公選で選ばれます。
(いちおう関連リンクをこちらに)
じつは私、その農業委員務めています(日本共産党公認)。
今年が改選の年で、きのうが選挙の告示でした。
近くの市町の議員さんが応援にかけつけてくれました。
写真、向かって左から、
根本陽一・十王町議。
平 正三 ・高萩市議。
(1人とばして)
福田 明 ・北茨城市議。
の各氏で、シャッターを切っているのが
鈴木やす子・北茨城市議。
首にギブスも凛々しい馬子にも衣装が
候補者の私です。
結果的には無競争での当選を果たすことができましたが、
こんなチラシを作成し、また
街頭から次のように訴えました。
 いま、輸入食品の残留農薬や違法添加物、偽装表示など、食品に対する信頼が揺らいでいます。一方で、水田の減反割当は4割を超え、食料生産の足もとを危うくする農政が自民党や公明党によって押しつけられています。
 私、鈴木孝夫は、ふるさと北茨城市にUターンして18年目になります。また、市の農業委員として働かせていただいて4期12年を数えます。安心・安全な食べ物を求める声に応えられる地域農業のために市は積極的な施策を講ずるよう一貫して主張し、みずからも取り組んでまいりました。
 作物を栽培するだけにとどまらない、やすらぎと人間回復の場としての農業の役割を改めて見直したいと思います。そして、そうした確信をもって農政にあたるよう、引き続き提案を重ねていく決意です。いっそうのご指導・ご支援をお願い申し上げます。

ご意見ご感想をお待ちしています。

 
ph by 
すずき産地  茨城県北茨城市
31@s.email.ne.jp