852328
ナ ビ たまには 直売場 たより こらぁムッ NOCUSる Blog リンク


すずき産地の落書きボード
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント 下の投稿キー4ケタです。不完全なばあいは再読込みを。確認しておかないと、せっかく書いた文章がパーになります。
     なお、URLの書込みはできません。
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
 * 画像は管理者が許可するまで COMING SOON のアイコンが表示されます。

あるMLから転載 投稿者:無断31 投稿日:2009/08/11(Tue) 09:58 No.678   
>第二回の昨夜の放送は、いったい誰が特攻作戦を立案、計画したのか、
>についてでした。
>
>特攻作戦はこれまで現場将兵の熱意から始まったとだけ伝えられてき
>ましたが、それに対し“神風特攻隊”の元参謀が、神風特攻の1年以
>上も前から海軍は特殊潜航艇などの数々の特攻兵器を作り続けてきた
>ではないかと批判します。これに対し、軍令部の元参謀たちからはま
>ともな反論は聞かれませんでした。
>
>結局多くの証言から分かったのは、ほとんどの人があってはならない
>作戦と自覚しながらも口には出せず、もうこれしか反攻の手段は残さ
>れていないということで、大勢の赴くまま特攻作戦が計画され、実行
>されたとのことのようです。ある人はいみじくもそれを「やましき沈
>黙」と評しました。
>
>この番組から明らかになってきたのは、帝国海軍は明確な戦略を持た
>ずに、流れのままに開戦に踏み切り、流れのままに特攻を推進し、そ
>して多くの前途有為の青年たちを死に追いやったということです。
>
>かつて私が軍国少年だったころ、帝国海軍は輝ける存在で、特攻隊は
>憧れと尊敬の的でした。われわれもやがてその後に続くべきものと信
>じ込んでいました。そしてこの反省会に登場するような、海軍のエリ
>ート軍人たちは雲の上の人のように見えました。
>
>その元エリートたちが、今の私と変わらない年代になって口々に話す
>“反省”の弁を聞き、「何だ、そんなことだったのか」と何となく胸
>にストンと落ちたような気がしました。
>
>かつての私たちと同じく、特攻隊員に尊崇の念を持って憧れている一
>部の若い人たちがいます。このMLにもいました(今でも?)。そう
>いう人たちにもぜひ観てほしい番組でした。
>
>今夜も「第三回 戦犯裁判 第二の戦争」が放送されます。

MLアドレス - 無断31 2009/08/11(Tue) 10:01 No.679
http://WWW.freeml.com./no_more_war
(すべて半角で)



こんなデータはいかが? 投稿者:O92 投稿日:2009/07/25(Sat) 11:24 No.673 ホームページ   
http://www.arkworld.co.jp/obnotaka/column/hitokoto22.html

無断で - リンク31 2009/07/28(Tue) 05:54 No.674
http://www.suzuki31.com/etc/links-a.html
に貼り付けてみました。が、
更新は感知できてないかもしれません。



お米の注文 投稿者:Peco 投稿日:2009/07/23(Thu) 10:45 No.671   
この間、最後っていいましたよね。

でも、もしかして・・・(期待の目)
きっと・・・(流し目)
たぶん・・・(色目)

あるだけでいいんだけど・・・(脅し目)

不機嫌な食卓 - 稲作農家31 2009/07/24(Fri) 09:25 No.672
昨年秋、収穫した米を納屋に積み上げて、そのうち保冷庫に入れようとして遅くなってしまいました。
そしたら案の定、ネズミに食害されて、ひどい状態の袋も複数ありました。被害袋は保冷庫に入れるのはあきらめて放置しておいたら、春が過ぎて、害虫もつきだしたようでした。
お知らせしているように予想外に早く米が底をついてしまい、やむなくネズミとコクゾウムシの食べ残しを、天日に晒して虫干しして食べるはめになりました。
しばらく不機嫌な食卓がつづいたのでした。
ことほどさように、ありません。9月後半に大量注文をお待ちします。

あ、
流し目に足がすくんだけど、色目のところでたまらず逃げたので、脅し目に威嚇されずに済んでいます。(ホッ)



破弾球 投稿者:薄学 投稿日:2009/07/13(Mon) 20:04 No.668   
いよいよ、完成間近!

力作! - 手伝いもしないで31 2009/07/14(Tue) 09:43 No.670
円盤とそれをつなぐ柱は発砲でなくて発泡スチロールですか?


ハミングバードさんの 投稿者:さえ 投稿日:2009/07/14(Tue) 02:49 No.669 ホームページ   
テープ届きました。
ありがとう。

感想は、長文なので、右上のお家マークに。


重内炭坑 投稿者:す- 投稿日:2009/06/09(Tue) 21:19 No.647   
こんばんは、はじめまして!
突然書き込み失礼いたします。
重内炭坑で42年前に産声を上げたものです。

いま、産土神社を探して重内炭坑で、
神社を検索していました。

3歳までしか住んでいませんでしたので
記憶はほとんど無く、
長屋のまえの広場で撮った白黒の写真でしか覚えていません。

「重内にあった神社はいまはもう
草ぼうぼうで、荒れ果てちゃってるかもねぇ」
と、先ほど母が言っていたとおりの写真で驚きました


もし、、もしこの神社の名前が解りましたら
教えていただければ幸いです。

突然失礼いたしました。

Re: 重内炭坑 - すずき31 2009/06/10(Wed) 05:20 No.649
はじめまして。

42年前というと、
小学生だった私が友人の長屋に遊びに行ったりしていたころですね。
あのとき聞こえた産声は、そうだったのかぁ!?ナンチャッテ(^^;

http://go.gob.jp/go/jnja
の写真のことでしょうか。
地図でみると、下記あたりになるかと思います。
http://go.gob.jp/go/sgut
名前・・・こんど調べておきます。

余談。
先日、こんな催しがありました。
http://ktib.geo.jp/jcp/minpou/2009/0916-0419.html


Re: 重内炭坑 - すー 2009/07/03(Fri) 21:30 No.663
お返事ありがとうございます。

長屋ですれ違ったりしてたかもしれませんね(^^

フォーラムの記事拝見しました。
ちなみに、父の実家は豊田です。桜綺麗です〜。
神社の名前楽しみにしています。
たまに覗かせていただきまーす。




白いアヤメに 投稿者:薄学 投稿日:2009/06/15(Mon) 20:11 No.658   
見つけた!

毎週 - 通りがかり31 2009/06/15(Mon) 22:04 No.659
毎週の配達で通りがかっている道です。
昨年、新しく農道が開通してアクセスが楽になりました。
以前は、未舗装で、車のすれ違いもできない狭い、行き止まりの道しかありませんでした。
今年は、こんな看板まで立っていますしね。




届きました。 投稿者:Peco 投稿日:2009/06/12(Fri) 11:16 No.654   
いろいろたくさんありがとう。
開梱時の喜びを共有するための画像も添付しました。

持つべきものは、
かつていっぱい恩を売った、
なんでもできる同級生だなあ。きっぱり。


田んぼ仕事 - 後回し31 2009/06/12(Fri) 11:33 No.655
添付写真のホワイトバランスの設定がちがっているような色相なので
修整しようと思ったけど、元が悪すぎで、これが限界みたい。
あ、本題。
米は何十グラムか量目不足です。野菜に免じてご容赦を。



こちら - はまやん 2009/06/13(Sat) 05:09 No.656 ホームページ
同級生



お米の注文 投稿者:Peco 投稿日:2009/06/08(Mon) 11:15 No.644   
10キロお願いします。
いえ、キャベツも同梱でなんて、ぜいたくはいいません。

今年は、新米ができるまで、在庫ありそうですか?

完売御礼 - すずき31 2009/06/09(Tue) 06:51 No.646
さすが、いい勘してる!
ご明察のとおり、今回で終わりです。

いつもの箱に、キャベツを入れる分、
米を減らすかは検討させてください。

この秋には大増収を予定していて、
来年秋の売れ残りを心配してるけど、
とにかく08年産は底をつきました。
面目ありません。


Re: お米の注文 - Peco 2009/06/11(Thu) 20:05 No.652
ぎゃ〜〜

しまった。自分だけよければいいので、
今回20キロ頼んでおけばよかった!!

でも、自分ちの分はとっておいてあるんでしょ(ジロリ)



唐虫抗 投稿者: 投稿日:2009/06/10(Wed) 06:37 No.650   
先日、加藤勘十という人物の資料を見ていたところ、磯原駅から二里ばかりの大日本炭鉱唐虫抗で抗夫をしたこともあるとか。唐虫抗は、関東大震災の折りに閉山したようですが、常磐炭田南部地域は一度訪れてみたいものです。

Re: 唐虫抗 - すずき31 2009/06/11(Thu) 08:09 No.651
いまも炭住のなごりがみられます。
「唐虫炭坑争議」ってのも少しは知られているんじゃないかな。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -